みなみ野グリーンゲイブルズクリニック│八王子│無痛分娩│分娩・お産・産婦人科

無痛分娩のご案内

麻酔科専門医による、安全に配慮した
硬膜外麻酔を提供しております。

無痛分娩とは

麻酔を用いて痛みを緩和しながら、分娩を行う方法です。
当院では硬膜外麻酔を用いて痛みの少ない分娩を提供しております。
陣痛に対して不安や恐怖を感じている方は苦痛感を和らげ、出産に対して前向きになって頂ける事を目指しています。

硬膜外麻酔とは

※一般社団法人 日本産科麻酔学会より引用
硬膜外麻酔とは

脊椎の外側にある硬膜外腔という場所に細いカテーテルという柔らかい管を入れて、そこから麻酔薬を注入する方法です。

当院で行う無痛分娩の特徴

麻酔科専門医による硬膜外麻酔を行っております。
安全に行うため、計画分娩の実施と共に平日に行います。

無痛分娩のメリット

  • お産の痛みを和らげることが出来ます。
  • お産の疲労が軽くなるため、産後の回復が早くなります。
  • 計画分娩になるため、日程を決めてお産をすることが出来ます。

無痛分娩のデメリット

  • 麻酔により陣痛が弱まりお産が長引く事で、吸引分娩など器械分娩になる可能性があります。
  • 一時的に、尿意の低下、下半身の感覚低下、血圧低下による気分不快が起こることがあります。
  • その他、薬のアレルギーなどがあります。
  • 赤ちゃんへの影響
    赤ちゃんへの影響
    胎児や生まれた新生児、授乳などに悪影響を及ぼす可能性はないと言われております。
  • 無痛分娩時の様子
    無痛分娩時の様子

無痛分娩ご希望の方

外来にて妊婦健診時に医師又は助産師へ無痛分娩ご希望とお伝えください。
33週頃位までを目安にお申し込み下さい。
助産師外来にて入院時の過ごし方、無痛分娩の経過、処置等について、詳しくお話させて頂きます。

費用について

※分娩費用にプラス料金になります。

硬膜外麻酔の初期費用 80,000円
麻酔薬の追加1回につき 10,000円
分娩第2期の神経ブロック 20,000円

入院当日について

入院当日について
  • 前日の午後15時頃に入院して頂きます。
  • 分娩監視装置をつけ、お腹の張りと赤ちゃんの状態を確認致します。
  • 食事は21時まで可能です。
  • 翌朝までは水分を取ることは可能です。
  • シャワー浴が出来ます。自由に過ごして頂けます。
  • 必要な方は次の日に子宮口を拡げる処置があります。

無痛分娩当日について

  • 朝の9時ごろに硬膜外麻酔を行うカテーテルを麻酔科医師にて挿入します。
  • 当日は食事や水分は摂れませんので、点滴を行います。
  • 陣痛促進剤にてお産を進めていきます。
  • 痛みの状況を確認しながら、痛みを和らげるように適宜お薬を使用致します。
  • 安全にお産が出来ますよう、スタッフ一同サポートさせて頂きます。
診療予約
042-663-1101
診療予約
042-663-1101