みなみ野グリーンゲイブルズクリニック│八王子市│子供のワクチン

子供のワクチン(準備中)

小児ワクチン

小児ワクチンとは

小児ワクチン

赤ちゃんは、いろいろな免疫を母体から引き継ぎますが、成長と共にその効力は減弱し、様々な感染症に罹りやすくなります。そのため、感染症から身を守るためワクチン接種(予防接種)を行います。多くの場合、生後2ヵ月からワクチン接種が始まります。
なお、子どもが接種するワクチンの種類は様々で接種期間も設けられています。また、ワクチンには定期(公費負担)と任意(自費)がありますが、任意接種もできる限り受けていくことが推奨されます。接種するワクチンの主な内容は以下の通りです。

接種するワクチンについて

定期
Hibワクチン

Hib(ヒブ:ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型)による感染症を予防します。Hibに感染すると乳幼児は重症化しやすく、細菌性髄膜炎や喉頭蓋炎といった病気を引き起こすことがあります。

小児肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌による感染を予防します。肺炎球菌に感染すると細菌性髄膜炎、敗血症、肺炎といった重篤な症状に陥ることがあります。細菌性髄膜炎は悪化させると意識低下、痙攣が生じることもあり、生命にも関わってきます。

B型肝炎ワクチン

B型肝炎を予防します。乳幼児期に同ウイルスに感染すると持続感染になる率が高く、将来的に慢性肝炎や肝硬変、肝がんといった病気に罹りやすくなります。

2種混合(ジフテリア、破傷風)ワクチン

ジフテリアと破傷風を予防するワクチンです。ジフテリアは、のどや鼻に感染し、のどが腫れて痛くなり、高熱、嘔吐などの症状が現れ、ひどくなると横隔膜麻痺による呼吸障害、心不全等で、死に至ることがあります。破傷風は、傷口から土壌中の菌(破傷風菌)が入ることで感染、痙攣や呼吸困難を起こすなど、こちらも死亡する確率の高い病気です。

4種混合(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)ワクチン

ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ(急性灰白髄炎)を予防するワクチンです。百日咳は、発作的な咳が長期間持続します。咳の後に嘔吐することもあります。ごくまれに脳症(痙攣)、肺炎を起こすこともあります。ポリオは、四肢に麻痺が残る感染症です。日本では同ワクチンの接種率が高く、自然感染により発生した患者は今のところは存在していない状態です。

水痘ワクチン

水ぼうそうを予防します。水ぼうそうは、水痘帯状疱疹ウイルスによっておこる病気です。感染力が強く、発熱、そして全身に水ぶくれを伴う発しんが生じ、痒みも伴います。1週間ほどで水疱はかさぶたになりなくなりますが、その後急性小脳失調症などの合併症を起こすこともあります。

BCGワクチン

結核を予防するために行います。乳幼児は免疫力が弱く、結核性髄膜炎などを発症した場合に重症化することがあり、重い後遺症を残す可能性があるので注意が必要です。

MR(麻疹・風疹混合)ワクチン

麻疹(はしか)と風疹を予防します。はしかは、発熱、せき、鼻水の症状のほか、発疹を伴うウイルス性疾患で、発疹は10日ほどで消えます。風疹は発熱や咳などの風邪症状と首や耳の後ろのリンパ節が腫れるといった症状が現れます。成人になって疾患すると重症化するほか、妊娠初期の妊婦が風疹に罹ると赤ちゃんが先天性風しん症候群という病気を持って生まれる危険性もあるので、成人にも接種が推奨されています。

日本脳炎ワクチン

日本脳炎を予防するために行います。日本脳炎ウイルスを持つ蚊に刺されることで感染します。感染すると高熱を発し、頭痛、嘔吐、腹痛、下痢などがみられ、熱にうなされているうちに手足が痙攣したり、意識障害もみられます。重症の場合は、知覚障害や運動障害の後遺症が残ることがあります。

任意
ロタウイルスワクチン(ロタリックス、ロタテック)

ロタウイルスによる胃腸炎(感染性胃腸炎)を予防するために行います。感染性胃腸炎は、乳幼児におこりやすく、突然の嘔吐と水のような白っぽい下痢の症状が出ます。脱水症状を起こしやすく、ひどくなると入院が必要なこともあります。

おたふくかぜワクチン

おたふくかぜを予防するために行います。おたふくかぜは、ムンプスウイルスの感染によって起こる感染症です。感染すると片側または両側の耳下腺が腫れ、高熱が出ます。このウイルスは、全身の臓器や神経組織を侵して無菌性髄膜炎、脳炎、難聴、精巣炎等の合併症を起こすことがあります。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスへの感染を防ぐために行います。インフルエンザは、悪寒、頭痛、高熱(39~40℃)で発病します。鼻水や咳といった風邪の症状が出ることもあります。肺炎・急性中耳炎・脳症等の合併症を起こして重症化することもあります。

診療予約
042-663-1101
診療予約
042-663-1101