みなみ野グリーンゲイブルズクリニック│八王子市│大人のワクチン

大人のワクチン(準備中)

成人向けのワクチン接種について

成人向けのワクチン

当院は、成人向けのワクチン接種(インフルエンザ、肺炎球菌、子宮頸がん)も行っています。ワクチン接種とは、細菌やウイルスなどの病原体からつくったワクチン(抗原物質)を接種することで免疫をつけます。これにより、特定の病気に感染しにくい状態にし、万一その病気になったとしても軽くなるように行われるものです。
当院で実施している成人向けのワクチン接種についての詳細は以下の通りです。

インフルエンザワクチン

インフルエンザウイルスによる急性呼吸器感染症がインフルエンザです。このウイルスに感染すると潜伏期間(1~3日ほど)を経た後に発症し、38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、悪寒などの全身症状が現れます。このほかにも風邪の症状同様に、喉の痛み、鼻水、せきなどもみられます。高齢者や基礎疾患をお持ちの方では肺炎を併発するなど、重症化することもあります。
このようなインフルエンザを予防する有効手段のひとつが流行前のワクチン接種です。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行します。それに対抗するためにも、予防接種は毎年行う必要があるのです。
接種後、効果が出るまでに約2週間かかるインフルエンザワクチンですが、その効果は約5ヵ月間持続します。日本の場合、例年12月~翌3月頃にインフルエンザが流行していますので、毎年12月中旬頃までに接種するように心がけてください。

肺炎球菌ワクチン

日本人の死亡原因の第3位が肺炎であり、なかでも高齢者や基礎疾患を持っている方などが罹りやすく、しかも治りにくいという傾向があります。 肺炎予防のために行えることの一つが肺炎球菌ワクチンの接種です。肺炎の原因菌で最も多いとみられるのは、肺炎球菌(大人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)です。この肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防するほか、重症化を防ぎます。
また、インフルエンザワクチンの接種を併せて行うと、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎予防には、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。
※肺炎球菌ワクチンは接種後5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンは、子宮頸がん全体の50~70%の原因とされる2種類のヒトパピローマウイルス(16型と18型)などが持続感染するのを防ぐワクチンです。これまで、16型と18型の感染やがんになる手前の異常(異形成)を90%以上予防したと報告されています。
現在日本で認可されているHPVワクチンには2種類があり、その一つである「2価HPVワクチン」は、子宮頸がんから多く見つかるHPV 16型と18 型の感染を防ぎます。もうひとつの「4価HPVワクチン」は、HPV16型、18型に加えて、尖圭コンジローマの主要な原因となるHPV6型と11型の感染も防ぎます。
子宮頸がん予防ワクチンの接種後に見られる主な副反応ですが、発熱や接種した部位の痛みや腫れ、注射による痛み、恐怖、興奮などをきっかけとした失神などが挙げられます。
実際に予防接種を受ける際は、ご相談になって、ワクチンの有効性とリスクを十分にご理解いただいた上で、お受けになるかどうかをご判断ください。

診療予約
042-663-1101
診療予約
042-663-1101