みなみ野グリーンゲイブルズクリニック│八王子市│大人の健診

大人の健診

特定一般健診とは

特定一般健診

特定健康診査(特定健診)とは、健康を脅かすとされる、がん・心臓病・脳卒中・糖尿病などの生活習慣病への罹患リスクを高くするメタボリックシンドロームを早期のうちに発見するための健康診査になります。
当院は、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、「特定健康診査(特定健診)」と「特定保健指導」を実施しており、八王子市が行っている特定健康診査の実施医療機関でもあります。なお特定健診受診後、健診結果のうち肥満・血圧・脂質・血糖と問診票の結果から、その必要度に応じて、特定健康保健指導を実施します。

八王子市の特定健診

対象者

40歳~74歳までの八王子市国民健康保険の資格を取得している方
※対象の方には受診券が送付されます。

費用

無料
(受診の際は受診券と国民健康保険証をご持参ください)

基本的な項目

問診、理学的検査(視診・打聴診・触診)、身体計測(身長、体重、腹囲)、血圧測定、脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)、肝機能検査(AST、ALT、γ‐GTP)、糖尿病検査(血糖、ヘモグロビンA1c)、腎機能検査(クレアチニン)、痛風(尿酸)、尿検査(糖、蛋白、潜血)、胸部X線(65歳以上の方) など

医師が必要と判断した場合のみ行う検査

貧血検査、心電図検査

※八王子市の健(検)診については、「八王子市」のホームページをご覧ください。

宮がん検診

子宮がん検診とは

当院は、子宮がん検診を行っています。子宮がんとは、子宮頸がんと子宮体がんがあり、これを総称して子宮がんと言います。それぞれ症状も検査方法も異なります。なお、八王子市では、各種がん検診を実施しており、その中には、子宮頸がん検診も含まれています。当院は、八王子市指定の実施医療機関でもあります。格安な受診費用で検診を受けることができますので、この機会にぜひ一度受診されることをお勧めします。

子宮頸がんについて

子宮下部の腟とつながっている部分にあるのが子宮頸部で、そこから発生するがんのことを言います。子宮の入り口付近に発生することが多いので、観察や検査が行いやすく、発見しやすいがんでもあります。
性交渉によって感染すると言われているヒトパピローマウイルス(HPV)が発がんと関係しており、妊娠・出産回数が多い人ほどかかりやすいといわれています。多くの場合はHPVに感染しても、無症状のうちにHPVが排除されています。ただ、HPVが排除されずに感染が持続してしまうと、一部に子宮頸がんの前がん病変や子宮頸がんが発生すると考えられています。そのほか喫煙も、子宮頸がんのリスク因子であることがわかっています。

子宮頸がん検査について

子宮頸がん検査では、最初に問診を行い、初潮時の年齢や生理の様子、妊娠・出産経験の有無、月経の状況、自覚症状の有無などについてお聞きします。
次に内診台へ上がっていただきます。ここでは、頸部の状態を目で見て確認(視診)し、腟鏡で子宮頸部の状態を観察します。内診では、子宮の形、大きさ、位置、表面の状態、炎症の有無などの確認になります。
その後細胞診※を行います。ここでは主に子宮頸部(入口部分)の細胞を、専用のブラシ等の器具で採取し,異常な細胞がないかどうかを調べます 以上で検査は終了し、細胞診の結果待ちを含めて、2週間ほどで検査結果がわかります。

※細胞診:子宮頸部や子宮体部などにある細胞を採取するだけでがん検診が行える方法です。細胞は臓器の中を軽く擦る程度で採取できますので、痛みはほとんどありません。細胞診はがんの検診だけでなく、内分泌機能の状態や感染症の有無などもわかります。

八王子市の子宮頸がん検診
対象者

20歳以上の女性
(八王子市に住民登録があり、ご自身や配偶者の勤務先、学校、人間ドックなどで受診の機会がない方が対象)

費用

900円

検診内容

問診、視診、頸部細胞診、内診

受信場所

市が指定している実施医療機関

※科学的に、2年に1回受診することが必要とされています。
※体部細胞診が必要な場合は、診療扱いとなります。
※八王子市のがん検診については、「八王子市」のホームページをご覧ください。

子宮体がんについて

子宮体がんは子宮内膜から発生するがんで、子宮内膜がんとも呼ばれます。発症には女性ホルモン(エストロゲン)が関与しており、エストロゲン(卵胞ホルモン)は子宮内膜を増殖させています。しかし排卵後、黄体ホルモンが卵巣から分泌されることで、この増殖を止めているのです。そのため月経のある女性は、子宮体がんにはなりにくいと考えられています。
このようなことから、発症の可能性が高いのが、閉経後の女性です。そのほかにも不妊症、出産経験のない方、肥満、糖尿病、高血圧の方も危険群です。 また、更年期障害の治療でホルモン補充療法を行う場合、エストロゲンに黄体ホルモンを併用しないと、がんになる可能性が高まりますので注意してください。 子宮頸がんに比べ、子宮体がんになる年代は比較的高く、閉経後あるいは更年期での不正出血がある場合は要注意です。また、閉経前であっても、乳がんを患ったことがある方なども注意が必要です。

子宮体がん検査について

子宮体がん検査は、子宮内膜細胞診が中心になります。これは、子宮の内部に細い棒状の器具を直接挿入して細胞を採取するというものです。疑わしい箇所があった場合、さじ状の器具を使って、さらに組織を採取して診断します。なお、子宮の中まで器具を挿入することが難しい場合は、超音波検査で判断することもあります。
細胞診を行った結果、疑陽性もしくは陽性となった場合、精密検査として組織診が行われます。検査ではキューレットという医療器具を子宮の奥に入れて内膜組織をかき取り、がんであるかどうか顕微鏡を用いて行います。検査結果は5~7日ほどでわかります。

診療予約
042-663-1101
診療予約
042-663-1101